歴史を知る

段ボール梱包

かつて遺品整理は残された遺族が行っていました。しかし、親戚との関係が希薄化していたり、子供の数が減っていたり、核家族化が進み親と物理的な距離があるといった社会的な要因が原因で遺品整理を家族間で賄えなくなってきています。 少し前まで、遺品整理を代行業者まかせるというと便利屋さんに依頼していました。しかし、現在では遺品整理を依頼するケースが多くなり、遺品整理を専門とする企業ができ、国家資格ではありませんが、遺品整理士という資格までできました。 このように遺品整理業界は急速に発展してきましたが、まだまだ歴史は浅く、遺品整理を丁寧に行う業者とそうではない業者があります。大切な遺品ですので、きちんと見極めて遺品整理を依頼することをおすすめします。

注目を浴びるようになったサービスの一つに「遺品整理」があります。昔は、「遺品整理は遺族の手で行いたい」と考える人が多く、あまり需要がありませんでした。 しかし、近年の少子高齢化や核家族化によって家庭内でも人出が減り、遺品整理がおっくうになる人が増え、多くの人が遺品整理を業者に任せたいと思うようになりました。そのため、一気に需要が増加し今では人手不足になっています。 そして、今後も少子高齢化や核家族化は進むだろう、というのがもはや世間の共通見解です。よって今後も遺品整理業は需要が増加し続け、市場が拡大していくと予想されます。参入業者があまり多くない今が、もしかしたら参入の絶好のチャンスかもしれません。