人が亡くなった後

積まれたファイル

遺品整理は、人が亡くなった後、生活していた荷物や遺品について整理するというサービスです。亡くなった後の荷物を整理する際には、工夫しておくことで得られるメリットがあります。まず、生前に荷物を少しでも減らしておくことや、家族間でのコミュニケーションをしっかりととっておくことです。このような工夫で、万一の時にもスムーズに進みます。さらには当日には遺品整理の業者だけでなくハウスクリーニングの会社も頼んでおくと、家もきれいにできるためおすすめです。 さらには遺品整理の際には、遠方であっても立ち合っておくことがよいです。なぜなら、思いのほか考えもしていない遺品が出てきた際に、家族で協議したり対応することが必要です。

少子高齢化や進行する核家族化によって、高齢者だけで暮らしている世帯が増えていることもあって、遺品整理は、大変ニーズの高い産業になってきています。現在では、遺品整理専門業者はもちろんのこと、ハウスクリーニング会社や引っ越し会社、宅配業者などさまざまな業態が遺品整理のサービスに進出してきます。 遺品整理という考え方と並行して、体力のあるうちに自分の荷物などを整理しておく生前整理ということも行われています。日本の空き家問題は深刻であり、その原因の一つとして家の持ち主が亡くなり、遺品の整理が行われていないことにもあります。ですから、遺品整理は社会的にも必要な産業であり、自治体でもその活動をバックアップしているところもあります。